2018年07月01日

クレンジング

お化粧をしていなくても、夜になったら顔を洗います、
それは看ずでばしゃばしゃってやるだけじゃなくて、
ちゃんと洗顔料とか石鹸をつけて洗うわけです。

その時に、お化粧していたらクレンジングっていう面倒な作業も入ってくる。
そのクレンジングですけど、たくさんありすぎてどれが自分に合っているのか分からない。

とあるクレンジングがいいと聞いたのでちょっと悪い口コミも調べてみました。
そしたら出る・出る、悪い噂もたくさん出てきました。
そりゃね、どっちを信じるかは自分次第です。

ホットクレンジング、というものなのですが、今、どうしようかなー、って思ってるところ。
買ってもいいし、悪い口コミもちゃんとぁ勝ってるうえで、悩んでいる。
買うのをやめる、という選択肢もあまりないかな。
買ってみて試してみたらいいのではないか、とね。

では何を悩んでいるのか、
いつ買おう

です。

買うタイミングで金額が違うんです、時々キャンペーンやってるみたいで。
なのでそれを待ってるんだけど、

面倒になってきた!!

ので、高くても買ってしまおうかなってね。
買おう、うん、面倒だ待ってるの!

2018年06月01日

玉ねぎ

家に玉ねぎがない日はあまりない。
でも急に無くなってしまった。
たくさん使ったわけではなくて、2つしかなくて「買いにいかなくちゃ」ってなったけど
雨でさぼっていたら
「2つ使うねー」って加速が料理を始めたのです。
別になくなっても支障はないけどね。

家に必ずある野菜としては、ニンジンにジャガイモ、そして玉ねぎですね。
これだけあればカレー出来る(笑)。
そのうちの玉ねぎがなくなってもどうってことはない。

なのに、家族にひとりだけ大騒ぎする人がいました。
玉ねぎないと死ぬ??ってくらい。
明日買いにいけばいいだけのこと、なのですが。
家に買い置きがないと苦しいみたい。。。なんでだ?

一種の病気??

たかが玉ねぎ、されど玉ねぎ、、、なのかも???(なんのこっちゃ)

明日買いにいきますよ!スーパーに行けばたんまりとあるんだから。

玉ねぎで大騒ぎの日でした、、、まいる。。

2018年05月01日

去年と同じ

年のはじめに、その年の反省をしたり、来年の目標を考えてみたりましたが、
毎年同じようなことしてる人は要注意。
だって、去年の目標が達成してないのにまた来年違う事を考えても、
、、、できないでしょ?
出来ないと思います。

なので、毎年確実にしっかり目標を達成または近いところまで持っていかないとね。
そしてさらに来年の目標を、ってやっていかないと。

今どうしてこんなことを??
4月になったし、いつだって「明日からの1年」という目標は出来るでしょ?

去年と同じ、またはいつも同じ、前の目標は達成できてないのに次の目標を立てない、とかね、
ちゃんと考えてやっていくといいと思います。

ということで、今、今日、出来るんです。
おなじようなことが。

昨日できなかったことは明日できない、そう思いながら生きてます。
ナンダか、、自分のチャレンジを言っただけのような、、、笑

2018年04月01日

ほんとう?

オスマン・サンコンさんの事が話題になってて、それを読んでいたのですが、
なな、なんと、息子さんの事が出ていました。

それこそ、ななな!!なんと!
息子さんの名前・・・ヨンコンっていうんですか?
ほんとうーーー?

1個、2個、サンコン”のフレーズで人気だったオスマン・サンコンさん。
ギニア大使館顧問として、今年は来日45年目だそうです。
その」息子さんがヨンコンさんというらしい。
人のことで笑ってはいけないが、ヨンコンって・・・・・笑。

そのヨンコンさん。
彼は都会の生活が苦手で。5年前に母親を亡くしたことも重なって、
2年前に結婚した女性の実家が農家だったこともあり、
DJをやめて農業の世界に飛び込みました。

サンコンさんは息子の“転身”が嬉しくてたまらないそうです(笑)。

サンコンさんは東日本大震災の起きた3月11日が誕生日ということもあって、
震災ボランティアをライフワークに。

最近では熊本地震の復興支援のため、現地のボランティア活動に参加しているといいます。

そのほか故郷に日本から文房具や洋服などを贈るボランティア活動や、
エボラ出血熱を封じ込める国際支援なども行っている。
すごいですねー。

しっかし、ヨンコンって、、、、笑

2018年03月01日

ヨガでだいじなこと

ヨガでは、色々な先生がいろいろなことを言います。
今日会った先生は「クンダリーニがいちばんいいのだ」
と言っていて、これこそがヨガなのだ、といってとまらない。

その先生が信じているのもがすべてなのですが、
それを生徒がどう信じるかは各自違うんですよね。

クンダリーニになじめない人がいたっていいし、
クンダリーニもやるけど、もっとハードな運動が目的なものが好きって人もいる。
それでいいのです。

決めなくていいし、決めたとしても替えてもいい。
自由なのがヨガですよね。

ヨガといえばからだをくねらせてうんどうする、とか、
すごい厳しい修行をしなくてはいけないとかのイメージもあるようですが、
各自の自由でいいのです。

ということで、大事なこと、は、ひとりひとり違う。
その大事なこと、を、選ぶのは自分だけど、人のを聞いたり感じたりするのも自由で、
なにかつかんでもらえたらいいな、と思うのでした。

ところでヨガしてますか?
ヨガ、とてもいいですよ。お勧めです。

2018年02月01日

親の離婚

離婚した親をもつと子供はどういうふうになるのか、感じるのか。

子供にする離婚の説明について。
年齢が低い場合は「子どもが小さいので話してもよく分からないと思って」が多くて、
ほとんどが子どもが理解できるようになるのを待って説明したり
子どもの質問に答える形で説明しているんですって。

親は離婚してないから、離婚の説明なんて、確かにされてなくて、
どういう気持ちになるんだろう、、って思いますねー。

年齢が高い場合は
「親権で争ったので子どもは承知していた」
「離婚理由を説明するのが難しくできなかった」
などだそうで。

その他「話してどの程度理解できるか、説明した方がよいのかどうか分からない」
「かわいそうでとても話せなかった」
「母親として感情的に安定できず話せなかった」
などの迷いや悩みが語られて、
説明することが簡単なことではないことが察せられますね。

そうでしょうねー。難しいです。
お子さんはあんがい何も言わないそうです、親への配慮なのかもしれません。

離婚はないにこしたことはないけど、どうしようもないですよね、
嫌なのに一緒にいることのほうが問題ですよ。

2018年01月01日

ジャカルタ

東京・成田からジャカルタ経由でバリ島に行く場合の、
乗り継ぎについて聞かれました。
乗り継ぎって慣れてないとドキドキしますけど、やってみると意外と簡単です。
とはいってもそのドキドキを取り払わないといけないので、
いろいろと相談に乗ってあげました。
ジャカルタでは入国の手続きをしなくてはいけないけど、
それはどこの国だって同じことだしね。

まずは、荷物はどこまで行くのかを確認することですね。
ターンテーブル待っててもいつまでも出て来ない、、、次の飛行機がもう飛ぶ、ってなるとドキドキします。

ほとんどが、荷物はバリ島までいくはずで、手荷物だけで入国、
そのまま国内線でバリ島に到着です。

やってしまえば簡単ですよー。
臆してはいけない。

こうやって慣れていくはずです。まずは慣れなんです。

ジャカルタの空港はまだ新しくなってないけど、バリ島は綺麗になりましたね。
経由便だとあの綺麗になった空港へはいけない(?)のがちょっと残念かもです。
マッサージはあるはずだけどー。

ということで、ジャカルタ経由便についての相談役をやっている次第です。
なんか、頼られるって嬉しいな。

2017年12月01日

難民。

よく、「りふじー」と英語で言われる、いわゆる難民。
これになるとどうなるのか。

国をまたいでの難民ではなくて、今日は家庭からの難民。
男性から(または女性から?)暴力を受けて家を飛び出す、これも難民です。

難民」のイメージとラベルの問題は、内外の学者から常に指摘されている。

世界的に難民というとアフリカの黒人とその子供らを想起しやすいけど、
次節で数値を示している通り、実際にはアフガニスタンやイラクといった
紛争地域を抱えるアジア人が多数を占めている。

現実とは異なる姿を世間一般に投影している。
そうした「難民」のイメージには、
強制移動の境遇に貶められた人々を弱者視して
無能力な人種として取り扱おうとする傾向があります。

元UNHCRで難民研究者の小泉は
「いわば弱点を強調することで、イメージはそれ自体、
彼ら難民のもつ(中略)可能性を覆い隠してしまう」
と述べており、難民のイメージは、
時に人間としての尊厳を蹂躙する危険性があるのですね。

難民っていう言葉のイメージが我々日本人にはあまりなじみがないのかもしれません。

差別はしてはいけないし、かといって日本は受け入れが出来ていない、
あ、でもこれは国のこと。

家庭内からの避難のれふじー、は、どこかに助けを求めなくてはいけなくて、
それは簡単に見つかりませんね。

困った問題です。。。

2017年11月01日

チケット

飛行機のチケットを毎日チェックしていますが、うまい具合にとれなくて
泣いております・・・。
好きな航空会社で、マイレージが溜まるので行きたいのに、気が付くとなくなっている、とか。

安い時に買ってしまえばいいのに、ちょっとひっかかる予定があったりして躊躇してたらこれだ。
他のは安いけど遠回りで、座席狭いし、うーん、、、みたいな。
そうやって悩んでいるとあっという間になくなってしまう。
難しいけどね、これも楽しんでいますよ。

ハイ・シーズンは高いけど、しょうがない人もいますね。
その時じゃないと遊びに行けない人。
そのためにひごろ一生懸命仕事しているのでいいのでしょう。

さて、チケットはいつ買えばいいのでしょうか? 
LCCを使う場合は、出発予定日の6週間前がベストなタイミングだそうです。

一方、大手航空会社の飛行機を使う場合は、
20週間前(5ヶ月前)に航空券を探したほうがいいと言われています。
また、出発の14日(LCCなら10日)前までならば、
航空券の値段は下がる傾向のようですが、それ以降は値上がりしてしまうとか。

でも、根上よりも怖いのが「無くなってしまうこと」、、、問題だ。

色々な闇ながらも、毎日チケットの値段見ながら悩んでおりますわ。

2017年10月01日

コンプライアンス

コンプライアンスが、、、って言葉が一度に何度も聞かれて、
分かってはいたけど、それでも定義を調べようってなった。

コンプライアンスというのは、
一般に「企業コンプライアンス」と言う場合、企業がルールに従って公正・公平に業務を遂行する法令遵守を指します。

コンプライアンスとして守るべき範囲は“法律や会社のルール”はもちろん、
一般道徳で考えられている“するべきこと・してはならないもの”も含まれるということ。

ビジネスコンプライアンスという場合もある。
「コンプライアンス」は「企業が法律に従うこと」に限られない
「遵守」「応諾」「従順」などを意味する語だが、
主にこの語を使う。
なおRegulatory complianceは直訳すると「規制追従」という意味になる。
らしい。。。笑

常識を守っていたら違反はないみたいに思うけど、
この「常識」が人によって違うから問題になるのだな。

昔、「エレベーターの中で会社の内情をしゃべってはいけないのだ」
って言われたことがあって、これが1つのコンプライアンスなんだよ、って聞きました。
誰もいなかったらいいのか、といえばそうではないと。

会社を守るべきものがコンプライアンス?
個人情報はどうなるのだ?

まーいい、よくわからないけど、よく使うこの言葉。
ちゃんと理解しないとここに書くこともできないわ(!!)。